photo by Alex Gilbert in 2016

photo by Alex Gilbert in 2016

Akito Nara / 奈良 彰士

 Akito Nara moved to New York City in 2013 from Yokohama, Japan.

 One year later, Nara participated in a drawing and painting class for 2 months in continuing program at the School of Visual Arts in Manhattan. Nara's artistic journey has been largely without schooling, finding inspiration first from his own life, he has begun to make his art as larger part of his life.

 Nara paints abstract work, evoking the likenesses of creatures and other forms inspired from personal anecdotes and introspection for the view that comes out on the surface incidentally. Nara's self-portraits exist as interpretations of different facets of his spiritual self. Naturalistic and cosmologic symbolism inspires Nara's expression; using eyes and colors as stylistic anchors and motifs, he creates recognizable characters to represent the deepest parts of his subjects and this world as he understands them.

 The painting is the only one way which is the most minimal and a true representation in this extremely complicated world for him. Nara believes the essence of things and things what is truly important have never changed in all ages.

" Technology makes way, Art makes humanity. "

 Nara is currently based in Brooklyn, NY.

 奈良彰士は2013年からニューヨークへ渡り、1年後マンハッタンにある美術学校SVAにてペインティングとドローイングのクラスを2ヶ月受講したのち、2014年より独学で絵を描き始めた。

 偶発的に目の前の画面から湧き出てくるイメージに対し、人生の体験や内観からインスパイアされたものを乗せることで、生物の肖像や人物画、シーンとして引き出し、抽象的に描き出していく。真実を貫くような目と自由かつ多彩な色使いを特徴とし、自然主義や宇宙論から成る霊的自己の内にある様々な面に対する自身への解釈、そしてこの世界への解釈として自画像もいくつか存在する。

 奈良にとって絵は、魂や言語も価値観も異なるこの膨大で痛烈な時代に対する、最もミニマルかつシンプルな表現方法であり、だからこそ最大に、純粋に思想や夢、そして未来を投影できる、洗練された唯一のツールになる。本当に大切なこと、美しいこと、その価値は、幾度時代が繰り返されても決して変わることはない。

「 技術は道をつくり、芸術は人間であることを育む。 」

 現在もニューヨークのブルックリンで制作に励んでいる。